2017/01/29

写真と珈琲のバラード(17)

冬の日本海。フェリーの窓から海に視線を送る。この風景も一瞬の後には消えてしまう。不確かなことばかりの現代に、確実なのは、私が見ている全てのものは消滅していくということ。写真だけが、消えていくものを捉える…


2017/01/15

写真と珈琲のバラード(16)

年が明けて、北陸を中心に大寒波襲来との予報を聞き、佐渡へ向かいました。次回刊行の写真集『常ならむ』に、スナップを入れたいのです。 昨年暮れは青森、秋田を主とした東北の地を歩きました。私の記憶の中の何か、が…


2017/01/09

写真と珈琲のバラード(15)

明けましておめでとうございます。 2017年が始まりました。皆さまはどのような正月の過ごし方でしたか。私は元旦から昨日(8日)まで、休みなしのカフェマスターをやっていました。連日、ひたすら珈琲を淹れ、朝、夜は焙煎の…


2016/12/31

写真と珈琲のバラード(14)

私は20歳の時に偶然のきっかけから写真家になろうと決心して、横浜から東京に出て来ました。24歳で独立したのですが、それまでの4年間で、目にしたあらゆる種類のカメラ機材の使い方を覚えました。当時はフィルムでしたから…


2016/12/31

写真と珈琲のバラード(13)

連日、暗室に籠って次回刊行予定の写真集『常ならむ』に掲載する作品を焼いていますが、今朝は、ちょっと気分転換のために珈琲について書いてみます。 写真も面白いですが、珈琲の焙煎もなかなか面白い。何が面白いのか…


2016/12/20

写真と珈琲のバラード(12)

連日、暗室に籠ってプリントをしています。 次回刊行予定の写真集『常ならむ』に掲載する作品に取り組み、先月、6章で構成する作品の内の1章「残闕」(ざんけつ)のカラープリントが終わりました。写真家といっても、デジ…


2016/12/08

写真と珈琲のバラード(11)

珈琲豆は産地と種類によって個性が違います。一粒の大きさもまちまちですし、形や厚みも異なります。美味しい珈琲を飲むためには、何と言っても焙煎が大事だ、と述べましたが、抽出次第だと思ってる人も多いようです。…


2016/11/29

写真と珈琲のバラード(10)

昨日、11/28日で「十文字美信写真展 刻々」が終了しました。来廊いただいた皆様に心から御礼申し上げます。 今回展示した写真は、球磨川の支流草津川(そうづがわ)の水面を撮影したのですが、私にはとても興味深い作品になり…


2016/11/28

写真と珈琲のバラード(9)

今日は珈琲について書いてみます。 私が珈琲の焙煎を始めたきっかけは以前にも書きました。元々はあまり珈琲が好きではなかったのです。それで焙煎に取り組む前に、何故珈琲が好きではないのか?どちらかというと嫌いだ…


2016/11/17

写真と珈琲のバラード(8)

先日撮影した房総半島での「道」で、写真集『常ならむ』掲載のための撮影行は終了。予定より3ヶ月ほど遅れたが、昨日から写真のセレクトを始めました。 以前にも書きましたが、『常ならむ』は6章で構成するつもりです。掲…


1 2 3

permalink :

trackback :